TOP > 投資家情報(IR) > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

Mipox株式会社は、株主・投資家の皆様に適時、適切な情報を公平にお届けするためにディスクロージャーポリシーを以下の通り制定しています。

IR活動の基本方針

当社は、適時、適切かつ公平な情報開示により、企業価値の適切な評価を市場から得ることが重要であると認識しています。
当社は株主・投資家の皆様に対し公平かつ適時、迅速な情報開示を目指しています。情報の開示にあたっては、関連法規(金融商品取引法に定めるフェア・ディスクロージャー・ルールを含む)および東京証券取引所の上場規程等に準拠するとともに、当社の事業活動を幅広くご理解していただくため、経営情報をはじめ様々なIR情報を発信してまいります。

情報開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所が提供する「TDNet(適時開示情報伝達システム)」にて公開し、有価証券報告書等の開示書類は、金融庁が提供する「EDINET」を通じて公表いたします。「TDnet」、「EDINET」に公開した情報は、速やかに当社Webサイトに掲載いたします。但し、伝達した情報が重要情報に該当するものの速やかな公開が適切ではないと考えられるときは、取引関係者と守秘義務及び当社株式等の売買等をしてはならない義務を定めた契約を結ぶことを条件に、一定期間公開を差し控えることがありますので、あらかじめご了承ください。

その他、株主・投資家の皆様に当社をご理解頂くために重要あるいは有益であると判断した情報につきましても、当Webサイトへの掲載等により広く開示することに努めます。

インサイダー取引の未然防止

会社の重要情報は、当該情報が「TDNet」や「EDINET」により開示されるまで、同情報をインサイダー情報として厳重に管理します。また、同情報が開示された後は、速やかに当社ウェブサイトにも掲載します。

将来の見通しに関する情報の取扱い

当社が開示する情報の一部には、将来の予測および見通しに関する記述が含まれる場合があります。こうした記述は、資料作成時点における当社の判断に基づくものであります。これらの予測および見通しは、リスクおよび不確実性を内包するものであり、その実現を当社が保証するものではありません。

沈黙期間

当社は、投資家の方々への公平性を確保するため、各四半期の期末日の翌日から各決算発表日までを沈黙期間としています。この期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えております。ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込が出てきたときには、適時開示規則に従い、適宜情報開示を行います。

第三者による評価・業績予測について

当社に関する第三者による評価、業績予測、または風評などに関しては原則としてコメントしません。しかし、これらが資本市場に大きな影響を与える、あるいは与える可能性が大きいと当社が判断した場合、また、上場証券取引所その他の機関から説明など必要な対応を求められた場合はこの限りではありません。

その他

当社Webサイトの情報掲載は、当社をご理解頂くためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。従いまして実際の投資を行う際にはご自身の判断で行うようお願いいたします。

IRに関するよくある質問はこちら